Loading...

CAREER ADVANCE
INTERVIEW

長濱 裕司事業戦略室 室長/2003年中途入社

会社も社員も共に成長できる
若い力に期待しています

入社されてから今までの経歴や業務内容について教えてください。

入社後、10年以上メンテナンス職として点検業務にあたっていました。前職は、メーカーに在籍してエレベーターの設置工事を行っていましたが、同じエレベーター業界の中でもメンテナンスに興味が湧いてJESに入社しました。それまでは工事現場しか見ていなかったので、実際に利用されるお客様のことを意識することはあまりなかったのですが、メンテナンス職に就いてから、お客様目線で対応することがいかに大事か、ということを学びましたね。普段から「乗れて当たり前」のものが、故障した時にどれだけお客様が困るのかということを目の当たりにしたことは、とても大きな違いでした。
メンテナンス職としてリーダーから営業所長となって、副支店長、支店長、副支社長、そして2015年4月にはJES城南の社長となり、キャリアを積んできました。そして2016年に事業戦略室に異動となり、現在はいくつもある事業会社を統括する立場です。事業会社の業績の管理や、新しい事業を始めるときの発案や組み立てなど、会社の戦略を立て実行していく舵取り役です。ホールディングスには現場経験からスタートしているメンバーは少ないので、現場に長く携わってきた人間としての知識や経験はさまざまなところで活かされています。

入社された当時と比べ、どんなところに会社の変化や成長を感じますか?

私が入社した2003年当時はまだ契約台数も5000台ほどと少なく、社員も100名を超える程度でした。単純に契約台数、社員数、営業所数などの数字だけをみても、会社の伸びはすごいなと感じます。同じような業種の会社もたくさんある中で、JESが一番素晴らしいなと思うのは、先取りの行動ができる部分です。各エレベーターに設置する遠隔監視装置などは、独立系メンテナンス会社の中で他社に先駆けて取り入れました。他よりも先にアクションを起こして、きちんと実績を残してきたところが当社が成長を遂げてきた理由の1つだと思っています。

どんな方がJESに向いていると思いますか?

仕事する上では、まじめであることは一番ですが、チームワークがとても大事な仕事なので、協調性があること。明るく、みんなと楽しんで仕事をできる人ですね。特にメンテナンス職は年齢の近い若い世代が多く、各営業所におよそ8名くらいいますので、仕事をする上でお互いが相談しあえる関係を築きやすい環境にあると思います。仕事をしていると必ず困難な場面に出くわすと思いますが、一緒に乗り越えることで、いい関係を築いていけるのではないかと思います。当社はまだまだ成長していきます。今会社にいる人も、新しく入ってくる方もみんなで成長して、さらにいい会社にしていきたい。新しい方たちの力に大いに期待しています。

※役職・所属は2017年1月末インタビュー当時の情報となります。