このWEBサイトの内容や、
その他に関してはこちらからお進みください。

お問い合わせはこちら 

フォームからのお問い合わせは24時間受付

サービスに関するお見積もり・
ご相談などはこちらからお進みください。

無料お見積りはこちら 

フォームからのお見積り・ご相談は24時間受付

お電話でのお問い合わせ・お見積りはこちらから
お気軽にご相談ください。

0120-49-8000

受付時間:平日9:00~18:00

リモート遠隔点検サービス

PRIME

故障の予兆をいち早く察知

01JESのリモート遠隔点検サービス「PRIME」とは

独立系エレベーターメンテナンス会社で唯一のサービス

JESグループは、独立系エレベーターメンテナンス会社で唯一となる、メーカー系メンテナンス会社と遜色ない独自のリモート遠隔点検サービス「PRIME(プライム)」(遠隔診断・遠隔監視含む)をご提供しています。

PRIMEは複数の特許技術を取得しており、メーカーの垣根を越えて対応可能です。

3分で分かるリモート遠隔点検サービス「PRIME」

「PRIME」とは

リモートでエレベーターの運転状況やコンディションの把握が可能です。

故障の予兆をいち早く察知し、障害が発生する前段階での対応が可能となり、点検時の停止時間の短縮を実現します。

ポイント1

24時間365日
人の代わりにメンテナンス

メリット

有人点検が減ることで
エレベーターの停止期間減少

ポイント2

エレベーター運行状況や
コンディションを把握

メリット

問題が起きる前に対応/
故障発生率の軽減

ポイント3

ドアの開閉異常や段差異常といった
大きなトラブルに繋がる
小さな異常を察知

メリット

現地へ着く前に
大まかな状況がわかるため、
スムーズな復旧が可能

02PRIMEの機能

※国内主要メーカーに対応可能です。
※基盤を使用していない旧式やエレベーターの機種によって、一部PRIMEを設置できない場合がございます。PRIMEの代わりに、遠隔点検・遠隔診断を除いた「PRIME Lite」の設置を行っております。

1遠隔点検(リモート点検)

  • PRIME

1か月に一度自動診断運転を実施し、点検運行中、次のデータを取得いたします。

  • 制御関連機器制御盤付近の温度、制御機器動作状況など
  • かご関連機器戸の開閉状態、ドアスイッチ動作状況など
  • 乗り場関連機器戸の開閉状態、ドアスイッチ動作状況など
  • 昇降路内関連機器安全スイッチ動作状態など

POINT

PRIMEによる遠隔点検は、
国土交通省の定める「建築保全業務共通仕様書」における遠隔点検項目に基づき実施しております。

2遠隔診断

  • PRIME

利用者の少ない時間帯に、無人でエレベーターを診断いたします。

3遠隔監視

  • PRIME
  • PRIME LITE

エレベーターの異常を常時監視・診断いたします。

  • 閉じ込め(インターホン通話)
  • 起動不能※
  • 戸開閉不良
  • 安全回路動作
  • 電源系統異常

※起動不能時における監視機能はPRIME契約の場合のみ搭載されます。

4直接通話機能

  • PRIME
  • PRIME LITE

エレベーターの閉じ込めなどトラブルが発生した場合、当社コントロールセンターがカゴ内利用者からのインターホン呼び出しに応答し、直接通話いたします。

03PRIMEの仕組み

PRIMEとの連携によって、より迅速な対応を可能に

PRIMEによるエレベーターの遠隔点検・診断・監視結果はコントロールセンターにて逐次管理され、サービス拠点との連携によってスピーディーな対応が可能となります。PRIMEによってエレベーターの異常を検知した場合は、コントロールセンターから拠点に出動指示を出し、エンジニアが現場へ駆け付けます。

POINT

障害が発生する前段階での対応が可能となり、点検時の停止期間の短縮を実現します。
故障時にも到着前に原因の切り分けができるため、スムーズな復旧が可能です。

PRIMEのメンテナンススケジュール

PRIMEによって24時間365日点検を行えるため、故障の予兆をいち早く察知し、迅速な対応が可能となり点検時の停止時間を短縮します。

PRIMEの設置について

PRIMEは制御盤への取り付け工事が必要です。工事期間は約1~2時間で完了します。

遠隔点検報告書

遠隔点検と遠隔監視で取得したデータを集計し、1か月に1度報告書をご提出します。

  • ご報告・ご連絡事項
  • 走行距離と走行時間
  • 機器、および運転性能の点検結果
  • 階床別ご利用状況など
  • 遠隔監視結果

04災害時に備えた万全のサーバー体制

BCP対策として、システム群は東日本・西日本にサイトを準備しています。
どちらかが大規模災害などによって稼働できなくなった場合でも、全国の業務への影響を最小限に抑えられる環境を整えているため、PRIME/PRIME Lite共に平常時と同様な運行が可能です。

※建物自体の電源が落ちた場合を除きます。