このWEBサイトの内容や、
その他に関してはこちらからお進みください。

お問い合わせはこちら 

フォームからのお問い合わせは24時間受付

サービスに関するお見積もり・
ご相談などはこちらからお進みください。

無料お見積りはこちら 

フォームからのお見積り・ご相談は24時間受付

お電話でのお問い合わせ・お見積りはこちらから
お気軽にご相談ください。

0120-49-8000

受付時間:平日9:00~18:00

オプション・機能向上「安全プラスメニュー」

SAFETY PLUS

より安全で
高機能なエレベーターに

お客様のご契約プランによって適用できるオプションが異なります。
適用可能オプションについてはオプションごとのアイコンをご覧ください。

リニューアル基本
リニューアル「基本工事パッケージプラン」スタンダードメニュー
リニューアル有償
リニューアルご契約者様適用可能オプション(有償)
メンテナンス有償
メンテナンスご契約者様適用可能オプション(有償)

※エレベーターの仕様によってお客様のご希望に沿えない場合がございます。
※「Quick Renewal(クイックリニューアル)」ご契約の場合は、別途お問い合わせください。

  • リニューアル基本
  • リニューアル有償
  • メンテナンス有償

戸開走行保護装置(UCMP)

万が一、ドアが開いた状態で動き出しても瞬時に二重ブレーキを作動させ事故を防ぐ装置です。ドアの開閉状態やカゴの位置検出装置が、ドアが開いた状態でエレベーターが動いていることをすばやく検知し、通常とは別回路のUCMP回路と二重系ブレーキで、エレベーターを安全に停止させます。下降時には乗り場床とカゴの隙間を1m以上確保して閉じ込め・挟まれを防止し、上昇時には乗り場床とカゴ下隙間が11cm以下の範囲で停止させ、転落を防止します。

  • リニューアル基本
  • リニューアル有償
  • メンテナンス有償

マルチビームドアセンサー

乗降中センサーが感知している間はドアが閉まらない装置です。ドアが閉まる際、センサーが人や障害物を検知すると瞬時にドアが反転し、利用者の挟まれを防止します。センサーが利用者を感知している間は、ドアが閉まらないため、高齢者やお子様など、安心して乗り降りをすることができます。

※一定時間経過すると、ドアは自動的に閉まります。

  • リニューアル基本
  • リニューアル有償
  • メンテナンス有償

耐震工事

98耐震工事プラン

1998年耐震指針※1基本有償

  • 巻上機や制御盤の移動・転倒防止対策、つり合いおもり脱落防止、ロープ外れ防止などの安全性能を強化した、耐震工事プランの基礎となる指針です。

09耐震工事プラン

2009年耐震指針※2基本有償

  • 昇降路内の突出物に対する保護措置や脱レール防止、各部の補強、ロープ外れ防止などの耐震性能を強化し、地震による被害を最小限に食い止めます。

14耐震工事プラン

2014年耐震指針※3基本有償

  • 2009年耐震指針にプラスつり合いおもりの脱落防止構造の強化が含まれます。
  • 地震に対する構造耐力上の安全性を確かめるための構造計算の規定の追加があります。
  • 強度計算上、既存の機器・装置でも2014年耐震指針の安全基準を満たしている場合があります。その場合の工事内容は、個別にご相談いたします。
  • 2014年耐震指針対策に該当する既存機器・装置を流用する場合、安全基準を満たしていないと判断されることがあります。
    確認申請が必要な工事の場合は、事前に特定行政庁にお問い合わせください。
  • リニューアル基本
  • リニューアル有償
  • メンテナンス有償

停電時自動着床装置

突然の停電時でも、専用バッテリーで最寄り階までエレベーターを動かします。着床後、ドアは自動的に開放され、一定時間後に自動閉鎖することで閉じ込め事故を防止します。

  • リニューアル基本
  • リニューアル有償
  • メンテナンス有償

地震時管制運転装置

センサーが地震の初期微動(P波)を感知すると、自動的にエレベーターを最寄り階に着床させ、ドアを開放し、利用者の避難を促します。弱い地震のときは、一定時間が過ぎた後、自動的に運転を再開。また、強い地震で主要動(S波)を感知したときは、専門のエンジニアによる点検が終わるまで、ドアを閉じて運転を休止します。

  • リニューアル基本
  • リニューアル有償
  • メンテナンス有償

冠水時管制運転装置

ピット部に一定以上の浸水が検知された場合、エレベーターは最上階に直行し、停止してドアを開きます。一定時間が過ぎた後、ドアを閉じて運転を休止します。

  • リニューアル基本
  • リニューアル有償
  • メンテナンス有償

火災時管制運転装置

火災発生時、エレベーターは避難階に直行し、停止してドアを開きます。一定時間が過ぎた後、ドアを閉じて運転を休止します。利用者を迅速に避難させると共に、閉じ込め、二次災害を防止するシステムです。

※火災時管制運転装置を適用する場合、自動火災報知設備からの線出しはお客様にて手配いただく必要がございます。(要消防設備士甲種第四類) ご希望のお客様はお気軽にお問い合わせください。

  • リニューアル基本
  • リニューアル有償
  • メンテナンス有償

緊急時4ヶ国語表示

地震感知や火災検知などの緊急時には、液晶インジケーターに日本語・英語・中国語(簡体字・繁体字)・韓国語を表示、エレベーターの運転状況や適切な行動をお知らせいたします。

※エレベーターの仕様によってお客様のご希望に沿えない場合がございます。