事業内容 コントロールセンター 24時間365日、見守るという覚悟。

何よりも乗る人の「安全・安心」のために。先進の技術と、繊細なサービスの融合。

例えば災害や停電、故障などによる緊急停止時、
利用者をいかに早く不安から解放してあげることができるか。
24時間365日、社会インフラとして稼動しつづけるエレベーターだからこそ、
ひとときも目を離すことなく、常に見守りつづける必要があります。
JESグループでは、24時間365日対応できる人的サポート体制はもちろんのこと、
リモート監視、GPSによる技術員ロケーション管理、
Webを用いた緊急時連絡システムなどのテクノロジーを駆使し、
管理物件で起こった出来事をリアルタイムで把握・対応。
他社に先駆けた独自の監視・管理システムは、特許も取得しています。

24時間365日、いかなる時も安全を見守る
次世代コントロールセンター。

日々のメンテナンスに関する情報の集中管理はもちろん大規模災害など、いかなる状況でも迅速対応を可能とするため、コントロールセンターは常に進化を遂げています。エレベーター内のお客様との直接通話はもちろん、電話回線が寸断された場合でも、QRコードを読み取ることで、Web回線を通じて当社スタッフと連絡がとれる、新たな緊急時連絡システムも開発。さらなる安心を追求しています。

コントロールセンター

GPSネットワークで、サービスエンジニアを最適配置。

閉じ込め時の迅速な救出・復旧を行うため、コントロールセンターでは約600名以上のエンジニアの現在位置をGPS端末でリアルタイムに把握。位置のみならず一人ひとりの経験や移動手段まで把握し、最適なエンジニアを現場に急行させる体制を確立しています。また、大規模災害発生時には、JES災害マニュアルに基づき対策本部を立ち上げ災害システムを起動。管理物件復旧のための司令塔となり、各支社・支店・営業をコントロールします。

ASPサービズOP
JES災害対応シミュレーション

エレベーターのコンディションを遠隔監視する新技術「PRIME」。

JESグループでは他社に先駆けて、リモートでエレベーターの運転状況やコンディションを把握できる、遠隔監視・診断サービス「PRIME」を導入。複数の特許技術で開発されたこのサービスにより、故障の予兆をいち早く察知し、障害が発生する前段階での対応が可能となり、点検時の停止時間の短縮を実現します。また、故障時にも事前に原因の切り分けができるため迅速な復旧が可能となります。

PRIME
PRIMEの仕組み

JESのコントロールセンターを動画でご紹介いたします。

動画を見る
何よりも安全の為に見えないからこそてを抜かない信頼を礎に 動画を見る

管理・点検に関する問い合わせ CONTACT US

お仕事のご依頼やご相談、
弊社ご説明はこちらからお問い合わせください。

0120-49-8000に電話する
管理・点検に関する問い合わせフォーム

保守・メンテナンス無料見積りフォーム ESTIMATE

費用のおおよその見積もりをお送り致します。
お電話でも受け付けております。

0120-49-8000に電話する
保守・メンテナンス無料見積りフォーム